ストーリーゾーン

ゆうゆーさんは成長モデルの5類型を
エリア拡大、新商品導入、認知度向上、M&A、値上げとしています。

この中でバフェットの保有銘柄を仕分けるとしたらどうなるのか?
ちょっと気になったので上位10銘柄に関して考えてみました。

クラフト・ハインツ:値上げ・エリア拡大
ウェルズ・ファーゴ:値上げ
コカコーラ:値上げ
IBM:新商品導入・値上げ
アメリカンエキスプレス:値上げ
フィリップス66:成長モデルなし
アップル:新商品導入・値上げ
USバンコープ:エリア拡大
デルタ:成長モデルなし
チャーターコミュニケーションズ:エリア拡大、M&A

私はこの様な分類が出来ると思います。
値上げ型メイン、エリア拡大メイン、新商品導入メインという
さらにパターンを大きく分けるとこの3パターンで分けられます。

では一方もう少し身近になってゆうゆーさんはというと
新商品導入、M&A、値上げをメインストーリーにしている銘柄には
一切手を付けていません。
サブまで含めてもDVxのみです。
つまり成長ストーリーのうちに現実的に採用しているのは
エリア拡大と認知度向上の2つのみという事です。

この2つを総合すると、こういう事が言えるのではないでしょうか?
中小銘柄は認知度向上、エリア拡大。
大手銘柄は値上げ型、エリア拡大。
新商品導入をストーリーとして用いる時は値上げ型のストーリーが必須。
双方に共通するエリア拡大型の成長ストーリーが日本株投資においては最も重要。

はっきり言って日本ではなかなか値上げ型は難しいですから
結果的にエリア拡大が最も信頼出来るストーリーになります。

そしてM&A、新商品導入という2つのストーリーは相当な手慣れでも
導入を慎重に行い、極力採用しないストーリーであるとも言えそうです。
バフェットにとってもアップルとIBMは新しい銘柄ですし。

凡人にとってはさらに打てる球を絞る為に
エリア拡大、認知度向上、値上げの3つに絞るくらいで丁度良いのかもしれません。
新商品導入とM&Aはインハイの直球か、ナックルの様なもので
打てそうにみえてもゴロになってしまったり、
手を出してもフェアグランドに飛ばすのが難しい球と言えます。

従いましてここで私の今後の宣言。
メインストーリーが新商品導入型とM&A型の銘柄には手を出しません

本日も半歩金持ちに近づくことが出来ました。
ありがとうございます。






スポンサーサイト

フジコーポへの信頼度が低下した3つの分岐点

2月15日にフジコーポを平均単価2246円で全株売却しました。
売却の決定打になったのはリツイートさせて頂いたツイートにもある通り、
取締役のストックオプション条件を確定した翌日に
株主優待の拡充を発表して株価を釣り上げた事で
経営者に対する信頼が完全に無くなってしまった事でした。
実はその前に2つ、私の心の中に小さな綻びが出来ていました。
1つは月次に関してです。
フジコーポは2016年7月まで本部売上高を通販と卸売で分けて発表していました。
しかし2016年8月からはこれを統合してしまい
売上こそ加わりましたが、結果的に情報開示が後退してしました。
通販と卸売のどちらがどれだけ伸びているかというのは
フジコーポの販路と成長を把握するのに重要な情報であります。
全く違う販路の情報を同一の情報として開示された事で
何か隠したい事があるのかという疑問点が生まれてしまい、
フジコーポに対する信頼度が揺らぎ始めました。
もう1つは今年の株主総会で経営陣から議決を求められた中で
取扱商材の拡張とフランチャイズ体制の導入に関してです。
フジコーポのストロングポイントはタイヤとホイールに特化した取扱と
直営店舗で専門性の高いスタッフが
高付加価値商品を販売するという事だと私は考えていました。
しかしその両方を一気に失いかねない株主提案をされた事で
フジコーポへの信頼度は売却を検討せざるを得ない基準まで下がってしまいました。
そこにさらに3つ目の一連の流れが発生してしまったわけです。
そしてそれに伴う株価の上昇は本質的な成長とは無関係の上昇でした。
新たな優待の価値を入れて計算し直す事も考えましたが、
これだけ急激に増やした優待は、同時に急激に減らす事も出来るものだと考え、
それについては考慮せずに従来の設定していた売却水準を素直に超えた所で
売却をしたという次第です。
その後は平均売価よりも高い所を株価は推移していますが、
それは私の取れる利益ではありませんので、
今回の売却については納得した取引が出来たと思っています。

現在は数社の監視銘柄もしくは市場全体の暴落を待ちながら
現金以外はインバースのETFのみを保有している状況です。
この保有は逆張り利益を狙うと同時に市場全体がどれくらい下がったのかを
合理的に判断しやすくする為に保有しております。

本日も半歩金持ちになる事が出来ました。
ありがとうございます。



天邪鬼

フジコーポの1月月次が出ました。
201702080108394eb.png

既存店前年同月比-3%。全店は-0.03%。
本部売上高は-3%。全売上高は-2%という内容でした。
この月次を受けて本日は-2.6%という大きめの下げを記録しています。
Qでは初となる110億円を達成しています。

20170208011739045.png

さらに前年の月次も合わせてみると、店舗売上高はそこそこ順調に推移しています。
恐らく下落の要因となったのは本部売上高の部分だと思います。
その前の年も6%の成長に留まっておりますので、本部の年平均成長率は+1.4%に過ぎません。
一方で全売上高の年平均成長率は+4.7%なので店舗が健闘している事が分かる月次です。

本部売上高の成長モデルは厳しくなっている、つまり認知度向上型の成長ストーリーは消えて
エリア拡大の成長ストーリーがメインに切り替わったという事が言えそうです。

ちなみに私はエリア拡大のストーリーに認知度向上のストーリーがシナジーするのが
フジコーポの成長ストーリーだと思っています。
新店舗が開店したエリアでCM流され、その広告効果が既存店に波及し、
既存店、新店舗が両方成長していく。
そして店舗利用者からの口コミでネットショップの利用も増えるというものです。

そのストーリーを考える上では既存店と全売上高が着実に積み上がる
これが肝なのではないかと考えています。
従ってこの月次で私の場合は全く問題ないわけです。
(勿論欲を言えばもっと上の数字が出れば、ポジティブサプライズにはなったでしょうが)

私は年平均成長率が20%を超える銘柄には手を出す勇気がありません。
そういう銘柄は成長が止まった時のリスクが非常に高いからです。
ただ割安株であって成長もというスタンスだと大きな利益にはなかなか繋がりにくいですね。

今日も半歩金持ちに近づく事が出来ました。
ありがとうございます。



もうすぐ1月月次

今日のパフォーマンスは-1.4%。
日経平均の+0.0%、TOPIXの+0.3%をアンダーパフォームでした。

恐らく来週の週明けには1月の月次が出るものと思われます。
言うなれば前年絶不調だった12月の月次とは真反対で
前年は絶好調だった月次となるわけです。
ここでやっと総合的な評価が出来る情報が揃う事になります。

ここで前年とほぼ同水準の月次であれば全く悲観する必要はないでしょうし、
前々年からの成長率を計算して、それが低ければいよいよという気がしています。
legendkillerさんのツイートで12月の本部月次の不調はロジには余裕があったものの
第3ロジの人員不足と急な派遣雇用を躊躇った為というツイートがありました。
ちょっとこれについては裏を取っていないので、正しいのか正しくないのか
分からないので何とも言えませんが、
正しいならば人員投資に関する投資を来年は増やしたり、
ベテラン社員で既存店は何とか回して、新入社員や習熟度が低い現場社員を
ロジに回して手作業人員を増やせばいいだけなので
大きな問題ではないと考えています。
社員の人数も年々20人ほど増えているので、
徐々に3年目くらいの社員の戦力化も進んでいるでしょうし。

こういうサービス業においては従業員の投資価値というのは
J字カーブの様な成長をすると考えています。
特に繁忙期をいくつ越えたかが経験の複利的な成長となるでしょう。
これはあくまで自身の経験則から導き出したものですが。
それは現場でも本部でも全く同じ事だと思います。
無から有を生み出すタイプの企業では人材の投資がいつ回収出来るのかは
安定的とは言えませんが、有の価値、効率性を高めるタイプの企業であれば
それは比較的読みやすいと考えています。

少なくともロジに余裕があるという事は裏を返せば
これからしばらくは大規模な投資が必要なく、
フジコーポの稼ぐキャッシュの力が丸々純資産に加わっていく事を意味します。
もしこの情報が正しいなら焦って手放す必要はないでしょう。

今、リザーブリストに入っているのは3社。
1社は安定的に成長しているものの市場の期待と知名度が低い。
1社はニッチで消耗品の為、不況耐性はある魅力的な企業。
1社は特定年代からの支持は抜群で、高付加価値品だが不況時の買い控えも
その年代層の消費行動から考えて考えづらい事。
そして3社の共通点が安定的な成長と★地味な本社立地(結構これが重要だと思ってます)

さてリザーブリストも決めたので、
乗り換えも下車も引き続き乗る事も全て出来る様にして待機していようと思います。

本日も半歩金持ちに近づく事が出来ました。
ありがとうございます。





置いていかれてる時だからこそ恥を晒す

本日のパフォーマンスは-1.6%。
日経平均の+0.9%、TOPIXの+0.9%をアンダーパフォームでした。

フジコーポは私以外のツイッターやブログ仲間の投資家さん達は
ほとんど手を引いてしまいました。
つまり取り残されたとも言えますし、残る選択をしたのが私だけだとも言えます。
それでは私は何故取り残される方を選択したのか整理しようと思います。

撤退する条件としては
<優良なビジネスでは無くなったのか>
<株価が成長率を加味しても割高なのか>
<乗り換える合理的な投資先が存在するか (現金に戻す事も日本円への投資と考える)>


この3条件を満たしている必要があります。

一つ目の条件に関しては客層や業態が変わったわけでも、経営者が変わったわけでも
従業員の大量離職や取引先の問題などのトラブルが発生したわけでもありません。
例えるなら大塚家具の様に今までミドルハイクラスを相手にしていた企業が
いきなりロークラスを狙いに来たというわけではなく、
ホンダにおけるタカタのエアバッグの様な問題があったわけでもありません。

ただし成長率が落ちている事は確かです。
店舗売上の12月分の伸び悩みは
北海道以外の降雪の少なさが要因である事が分かっています。
一方で本部売上の成長が限界に近付いているという事は
前年比やその前と比べれば明らかです。
ただフジコーポの場合はエリア拡大の余地はまだ大きく残しているので
店舗エリア拡大によって新規店舗地域での訴求が為されれば、
本部売上のポテンシャルも再び向上するだろうというのが私の結論です。

ROAを基準にすれば11%前後が現在の成長率だと思います。
そしてこの株を一年持っていた場合、
会社予想通りなら141.25円+(30×0.7)=162.25円を手に入れる事が出来ます。
これを本日の株価で割れば12.28になりますから
推定成長率11%に1.25を乗した13.75よりも低くなるので
割高とは言えないという結論を導き出しました。
ただしお気付きの通り13.75を乗した2231円は12/30日までは付いていました。
つまり私は12/30までなら合理的に売却出来た事になり、
売れるチャンスを逃していたという事になります。これは大きな反省点です。

乗り換える銘柄に関しては赤字がない事、PERが20以下、ROEが13%以上で
有利子負債を純利益4年分以上抱えていない事、
EPSが確実に伸びている事を条件として2社を設定しました。
基本的にこの2社との兼ね合いをみながら、今年は進めていきます。

今日は昨年末に大きな失点をしてしまった事が発覚した恥を晒す事になりました。
以後こういう事がない様に今回の反省した内容、考え方全てをブログに記す事にします。

本日も半歩金持ちに近づく事が出来ました。
ありがとうございます。

最新記事

当ブログ推奨 初心者が読むべき三冊

成長企業の見つけ方

仕分け方を知るならこの一冊

成長ストーリー分析のバイブル



☆最推奨書籍☆

割安銘柄の計算法

価格ギャップの求め方のバイブル



株を始めるなら、この1冊の読破を

イラスト付きで分かりやすい

株式投資の入門書

免責事項

当サイトは投資情報を掲載しておりますが、 投資結果についての責任は負いかねます。 予めご了承ください。 ご投資の際にはご自身の判断で行って頂きます様、 お願い申し上げます。

各種ブログランキング参加中


FC2カウンター