スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フジコーポの中間決算について

フジコーポが中間決算を6日に発表しました。
概要としては増収率4.8%、営業増益率-0.3%、経常増益率-1.0%、純利益増益率-4.7%。
増益減益という事になりました。
第2四半期単体では株探のリンクを貼らせて頂きますが、
増収率が+6.1%、営業増益率が+8.5%でした。
純利益が前年比24%減という数値になっていますが、
こちらは決算短信に説明されている通り宇都宮店移転に伴う
旧店舗固定資産価値を再算出した上での減損処理の影響が大きく出ています。
第1四半期の単体が増収率4.0%、営業利益-2.8%だった事を考えれば
第2四半期単体としては幾分かは戻ってきてはいますが、
市場の反応みる限りは期待外れだったという事になりそうです。
営業CFも1億2000万ほどは増えましたが、
半年で本業で稼いだキャッシュがほぼ全て短期負債の返済で消えていますので
企業側が増資を行いたかった理由がよく分かります。
フジコーポにとっての27億円は約7四半期分の利益に相当しますから
利子負担も馬鹿になりません。
さて減損処理に関してですが、これはフジコーポでは良く行われています。
少し立地の悪い小さい店を出して、それが軌道に乗ったら
大きな店舗を好立地に出していくという展開スタイルなので
これは過剰投資を抑える保険料という考え方も出来ると思います。
勿論最初から適切な規模の店をつくれれば、それが最良ですが、
店舗を大きくつくり過ぎて稼働率が落ちるよりは無駄がないですし、
今回のケースの様に建物は所有したまま他業種へリースするという事で
なるべく固定資産評価を落とさない様に対処しているので
個人的には無理をされるよりは良いと考えています。

投資家も大きなリターンが狙える企業は大きなリスクが取られ
株価もよく上昇していきます。
フジコーポの場合は機会損失が多少あっても過剰投資を
徹底的に避けていくという特徴があります。
リスクヘッジが多い分だけ成長率は市場の想定より低くなるので
株価としてもなかなか評価されないという事も言えます。

今回の決算で気になったのは土地が6億円分売却されているのですが、
ちょっとどこの土地を売却したのか分かりませんでした。
36億のうちの6億ですから、かなり大きい売却なのですが、
もう少し調べてみて分からなかったらIRに問い合わせようかと思います。
もしご存知の方がいらっしゃいましたら教えて頂ければ幸いです。

成長率予測などは変更ありません。

今日も金持ちに半歩近付く事が出来ました。
ありがとうございます。
スポンサーサイト

4333 東邦システムサイエンス

<成長モデル> 新商品開発、TOB
金融機関向けシステム環境の構築、開発、整備を一括で行う。
大手システムインテグレーターから発注される案件よりも
直接金融機関から発注される商品の方が利益率が高い
ただし東邦システムサイエンスは野村総研からの受注が全体の4割弱、
新日鉄住金ソリューションズからの受注が1割弱で
この2社からのシステムインテグレーターからの受注が
全体の半分近い売上なので、価格決定権はあまりない
TOBによる技術吸収で技術力を上げ金融機関からの直接案件を増やしたい様だが、
売上増の大半はシステムインテグレーターからの受注であり
思惑通りにはなっていないという印象。

<不況耐性>低い(高価格、非消耗品、必需品)
法律変更や税制度の変更などによる受注が見込まれるが、
特需的で不安定である。
情報システムは金融機関にとって必需品であるので
完全に切る事は出来ないが、予算をカットしたり、
値下げを要求され東邦システムの利益を圧迫する危険性は高い。
従って不況耐性は低いと判断する。

<推定年平均成長率>9%(過去3〜7年間の売上高、営業利益、自己資本の伸びなどから算出)
<適正PER>7.2〜10.8
<現在PER>10.26
<判定結果>フェアバリュー

フジコーポレーション月次発表

フジコーポレーションの4月分の月次が発表されました。
店舗売上高31%増(既存店22%増)、本部売上高30%増、
合計売上高31%増です。
ただ前年は消費税増税の後の買い控えがありましたので、
2年前と比べると店舗売上高13%増、本部売上高46%増。
合計売上高23%増となりますので、
ビックリするほどの数字が出たとは言えないでしょう。
むしろすごく良い塩梅の数字が出てくれたと
個人的には評価しております。
プラスして評価出来るのは商品単価は落ちているのに、
売上や販売数量が上がっている事です。
これはCMの放映などで認知度が向上した事も
遠因ではないかと考えています。
サプライズが出てしまうと、短期的には良いのですが、
必要以上に値幅が揺さぶられてしまい
私の様な長期筋からすると、精神衛生上良くありませんので、
ほどほどの成長を少しでも長くして頂ければと思います。
今回の月次のお陰でフジコーポの現在地が明確になりましたので、
引き続き見守って参りたいと思います。

帝国繊維の成長ストーリーに対する分析(反省)

ゆうゆーさんの助言を元に
今回の決算短信と数年分の決算資料を読み漁りました。
読み漁りましたが来期の見通しが悪くなった理由は
一切記載されていませんでした。
逆に開示資料にはポジティブな記述しかしない企業だという
とんでもない事が判明してしまったのです。
従って来期の見通しが急に悪化した理由は
円安による原材料高と価格転嫁が出来なかった事だと
推測するしかありませんでした。
またゆうゆーさんの理論通りで
成長ストーリーの明確な終了は前四半期の決算で
明確に示されていました。
2Qまで前年比+120%推移が+60%まで低下。
3Qで本決算の達成率が99.7%で
例年は4Qで30%以上の利益の上乗せをする企業が
上方発表しなかった事は
売上の増加ペースの鈍化に該当して
成長ストーリーは終わっていたと判明しました。
自らの見通しの甘さは例年保守的な決算を発表する
銘柄なので、過度に上方修正を期待した事です。

帝国繊維利確

平均単価2610円で帝国繊維を売却しました。
一時は10%近い利幅となったものの、そこからは材料が無くなった為か
少しずつ下がってきてしまっていました。
上方修正を考えればホールドが妥当ですが、
一瞬でも25日線を割ったら、調整し直そうと決めておりましたので、
ルールに従って売却した次第です。
近頃の相場は実態経済と比べてかなり強気になっています。
円安ドル高を想定してガンガン値を上げているわけですが、
そろそろ短期調整が入ってもおかしくないとも感じています。
帝国繊維の売却で年利が8%に到達しました。
ようやく世間の方々のパフォーマンスに少し近づけた様です。
年末までにあと1回仕込みどころがあるか分かりませんが、
あれば10%を目指していきたいですね。

最新記事

当ブログ推奨 初心者が読むべき三冊

成長企業の見つけ方

仕分け方を知るならこの一冊

成長ストーリー分析のバイブル



☆最推奨書籍☆

割安銘柄の計算法

価格ギャップの求め方のバイブル



株を始めるなら、この1冊の読破を

イラスト付きで分かりやすい

株式投資の入門書

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

免責事項

当サイトは投資情報を掲載しておりますが、 投資結果についての責任は負いかねます。 予めご了承ください。 ご投資の際にはご自身の判断で行って頂きます様、 お願い申し上げます。

各種ブログランキング参加中


FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。