スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャッシュフロー

本日は-2.9%と大幅な下落となってしまいました。
日経平均の-1.0%を大きくアンダーパフォームです。
ただ今日、私がヒヤリとしたのは自分の保有銘柄に関してではなく、
この記事に関してです。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150129-00010000-shikiho-biz

四季報オンラインの渡部さんの記事です。
四季報を完全読破した男としてお馴染みの人ですね。
この記事を読んだら、最初に四季報のとある銘柄の2008年の業績欄が記載されておりました。
そしてこの銘柄の3ヶ月後の株価はいくらかという渡部さんからの質問へと続きます。
この銘柄は当時株価が1170円、PBRが0.35倍の銘柄です。
そして選択肢は4つ。
PBRの1倍である3300円、PBR2倍の6600円、予想PER10倍の8300円、そしてその他。

私はipadでこの記事を閲覧して問題にチャレンジしてみました。
四季報の業績欄だけしか記載していないのに3ヶ月後の株価を予想しろだと!
なんて不親切な記事だとは思ったのですが、
記事のタイトルが恐怖の落とし穴だったので恐る恐る業績欄を見てみました。
まずいつも通りにEPSを確認します。
04年に171.9円だったものが、08年には935.9円まで増えています。
ただ今後2年間の予想EPSは低迷しているので、
何か転換点にある企業なのかと予想してみました。
どの銘柄か分からないし、四季報コメントもないし難しいなと思いながらですが。
ただ今回は最初に記事のタイトルを読んでいたので粗探しをしようと
息巻いて読んでいるので、直近の業績の悪さを目敏く見つけられました。
株価予想を約30%ダウンの720円と予想したのですが、正解は上場廃止。
なんて恐ろしいや株式市場と思い、自らの未熟さを痛感しました。
まさにvisionさんが業績だけで銘柄を判断せずにキャッシュフローも重要だという
警告を発した直後であったので、この記事でヒヤッとした訳ですが、
yahooから記事の掲載元である四季報オンラインの元記事のURLにとんでみたら、

https://shikiho.jp/tk/news/articles/0/59057

株式欄がしっかり記載されていました。
そうじゃなければやっぱり判断できないと思いながら株式欄を読んだら、
上場廃止も当然のとんでも案件である事はすぐに察知出来ました。
総資産2286億に対して、有利子負債が1487億。
自己資本比率は19.3%。ROEが22.3%に対してROAはわずか4.3%。
営業キャッシュフローのマイナスも2年連続で洒落になっていない金額を計上していました。
一歩間違えたらバリュー投資家はこういう銘柄を買ってしまいますよという
本当に恐ろしい疑似体験をさせてもらいました。
この銘柄でも私のスクリーニングの第2段階までは抜けてしまいます。
これで有利子負債が少なくて、ROAが12%を超えていれば第3段階まで抜けてしまいます。
下手したらファンダメンタルの条件はクリアしてしまう可能性だってあると思うと、
強烈な胸の痛みを覚えました。

この銘柄に業績欄しか無かったとはいえ700円の予想株価を付けてしまったことが
まだまだ未熟者である証であります。
力のあるバリュー投資家なら業績欄だけでもきっちり弾いているはずで、
人によっては上場廃止も言い当てている事でしょう。
キャッシュフローの理解も勿論ですが、
四季報やIR情報を細かく何度も読んでいく慎重さ、
そして広い視野で総合的に企業価値を判断する能力。
しっかりと勉強して集中して、実際にこんな目に遭わない様にしなければなりません。
そういう決意を新たにしています。

スカイマークは誰しもにとって分かりやすかった、
しかしモリモトの様な銘柄もある。
これがまさしく株の恐さなんですね。

スポンサーサイト

スカイマーク民事再生法申請に思う

本日は+1.2%でした。
何とか陽線を3日連続で引いて、25日線にも接近してきました。
テクニカルはあまり気にすることなくじっくり構えているのですが、
悪い兆候ではないので、それには少し安心していますね。
騰落レシオやRSIの高さは気になりますが。

今日はスカイマークが民事再生法を申請するというニュースが入ってきましたね。
個人投資家にはすごく人気のあったスカイマーク。
特に値動きが激しい銘柄であったので、テクニカル重視の方々は
エントリーしていた方も多かったのではないかと推察致します。

私が今回思ったのはギャンブルで行う銘柄選択は破滅の要因であるという事でした。
私の場合はスカイマークは1秒で切ってしまう銘柄と言えます。
-のROEの数値を見て、その瞬間にさようならです。
ただvisionさんや、まろぴこさんがtwitter、ブログで今回の件について
考察をしておられます。
本当に力のあるバリュー投資家が考察を加えるという事は、
今回の件は対岸の火事ではないという事でもあります。
visionさんはファンダメンタル、自己資本比率、有利子負債がクリアであったならば、
自分も被弾していたかもしれないと述べられておられますし、
まろぴこさんは今月の頭まで保有していたとの事です。
両名の考察にはそれぞれ重要な着目点があり、
visionさんはキャッシュフローの重要性に関して、
まろぴこさんはパクリ投資についてです。
私はキャッシュフローをあまり重要視しておりませんでしたので、
確かに財務、自己資本、有利子負債が良ければ被弾をしていた可能性も否定できません。
もしEPSが順調に増えており、ROICが10%以上を5年以上クリアしており、
過去10年間に赤字が無く、直近決算が予測並み以上であれば、
エントリーしていたかもしれません。
空運という業種上、かなり困難な指標ではありますが、0ではありません。
そこにキャッシュフローをしっかり見ることによって、さらに危険性を排除する事が出来ます。
一見すると良い企業と誰が見ても良い企業には細かく読み解かなければならない違いがあります。
今回の件で多くの方が実際にみせてくれた様子からしっかりと学び、
じっくりと確実に稼げる投資家になっていこうと思います。

いよいよ決算時期到来

本日は-1.1%となりました。
日経平均に逆行しての結果で少し残念です。
今は市況が関連してくる銘柄には厳しい評価が下されています。
帝国繊維が下がっている理由を考えているのですが、
テクニカルの節目が割れた事が最も大きいのではないかと分析しています。
例えば一目均衡表の雲を割れてしまったり、11月の安値を割り込んでしまったりですね。
あとはエボラ関連として必要以上に評価されていたという側面もあったのかもしれません。
その短期筋の資金が逃げてしまった事もありますね。
ただ手放すつもりは全くありません。
私の中では全く成長ストーリーが崩れていないと判断しているからです。
帝国繊維はリネンを中心に質の高い商品を作ってきた企業です。
現在の主力は防災関連事業にこそなりましたが、特殊繊維の世界は繊維業界の中で
唯一の成長が期待できる分野です。
ただ買い時を間違えた事は素直に反省しなければならないでしょう。
ここには2つの失敗があります。
1つ目の失敗は買いの失敗です。
私が帝国繊維株を購入したのは権利確定日となった12/25。
RSIは70近く、25日移動線からの乖離率も+1%という状態でした。
私は本来の基準ですと、RSIが25以下、25日線からの乖離率-5%を仕掛けの条件としていました。
しかし権利取得で十分にペイできると考え、この様な無理な条件で購入したわけです。
1つ目の失敗は結果として失敗になってしまっただけで思惑通りにその後に株価は上がったわけです。
そして12/29。
これこそが私にとっての今回の最大の失敗のわけですが、自分で売り基準を変えてしまったのです。
売り基準としてRSIが80以上、25日戦乖離率+5%では私にとっての売り基準でした。
しかしそこを他人の目を気にして変えてしまったのです。
それはブログを中長期投資で書いているにもかかわらず、スイングの形になってしまうからです。
それは良くないと儲ける投資を放棄してしまったのです。
これが私の先月の月末に起こしたミスです。
ゆうゆーさんのブログの古い記事でゆうゆーさん自身の投資スタイルについて
中長期が最も効率的に儲けられる方法であるからやっているだけで
デイトレの方が儲けられるのであれば、そちらを間違いなく選択する。
中長期は投資になるから良いが、デイトレだと投機になるからダメだとかではなく、
信念に基づくべきだと述べられておりました。
我々はあくまで投資家であり、利益の追求こそが最大のミッションです。
それを見失ってはならないという事を教えられました。
そんな記事を年末に読んで年始に決断する必要があったわけです。
失敗を認めて利益のあるうちに売るか、それとも中長期で投資すべき銘柄だと考え、
多少の含み損を抱えても保有するのか。
私は後者を選択しました。
さすがに含み益が消え、含み損が生まれ、そして増えていく光景を見るのは
全く苦しくなかったかと聞かれれば、利確したい気持ちもほんの少しはありました。
短期派の人達は愚かな行為だと言うでしょう。
長期派の人達も一度切って、底で入り直せば良かったのにというかもしれません。
しかし私は最も儲かるのはこの方法であるとして決断しました。
ここで損切りをするのは、それこそ信念に合いません。
私は自分のファンダメンタル分析を信じ、理論株価の算定を信じ、
そして何より自分の決断が自分が取れる最も儲けられる手段であったと信じ、
2/14を迎えようと思います。
勿論、成長ストーリーが崩れる様な異変でも起これば、この限りではありませんが。
まもなく相場の参加者になって9カ月。
勝てる投資家になれるか、搾取される側になるか正念場が来ていると思っています。

本日は長文にお付き合いありがとうございました。

隣の芝生は青く見える

気持ちが若干揺らいでおりますので、
自らの戒めとして投稿しています。

実は先程、偶然ですが杉原杏璃さんの株の記事を読みました。
9年間で資産を35倍にされたグラビアアイドルの方ですね。
その杉原さん、一昨年までは中長期投資の成長株投資を行っていた様なんですが、
昨年からデイトレに転向なさったようなのです。
そして昨年は推定2000万の儲けであったとのこと。
杉原さん、一昨年に両親に家を購入した為、
投資資金を半分まで減らしたとの事ですので、
昨年は500万の資金を2500万まで膨らませたということになります。
バリュー派で年パフォーマンス+400%なんていうのはほぼ不可能な水準ですので、
それを見て少し羨ましくなってしまった次第です。
含み損を抱えているといらんことを考えてしまいます。
ただバリュー派で8年間、+48%平均で運用し続けられる天才なので、
きっとデイトレでも成功出来たのでしょうね。

じゃあ明日からデイトレをするかっていう邪念が心の中に20%くらい
起きてしまったので、それをきっちり払拭させる為にこの投稿をしている次第です。
そもそもデイをやりたくても、1秒の戦いのデイをするだけの設備なんかありません。
タブレットとノートが1台ずつの設備、おまけにブラインドタッチも満足に出来ない私が、
速度の勝負で勝てるわけありませんし、そもそもデイの基準がさっぱり分かっていません。
(バリューの基準すら分かっているか微妙ですが…)

私はバリュー派の実力者の方達とブログを通じてご縁があるありがたさを
大事にしていなかったと猛省しております。
visionさんもゆうゆーさんも雲の上の存在の様な方々であるのに
リンクを貼って下さっているのです。
病にかかった影響ですごく大事なものまでぶれてしまっていた様です。
明日からバリューの道をひたすらに歩んでまいります。

心弱きバリュー投資家の端くれの
駄文にお付き合いありがとうございました。

イスラム国の脅威

本日の保有銘柄の結果は+3.1%。
日経平均の+2.1%をアウトパフォーム出来ました。

シリアに対する円借款にイスラム国が反発。
ついに日本にも矛先を向けてきました。
安倍総理の説明をなかなかイスラム国が聞く状況にはないと思いますので、
新たな地政学リスクが発生してしまったと言えるでしょう。

世界というものに目を向けた時に金融の世界でも
大きな時代の転換点に来ている事は容易に想像出来ます。
それを具体的な数字で表しているニュースがCNNに掲載されていました。

来年にも世界の資産の半分は、上位1%の人間が占有するという内容です。
また世界の下位35億人の総資産額と上位80人のそれがほぼ同じでもあるそうです。

投資の世界でも資産が大きい人間は常にリスクヘッジを
幾重にも張って手堅く運用する事が出来ます。
資産の小さい人間は持っている人の数倍学ばなければなりません。
はたしてそれが出来ているのだろうかと考えてしまいました。
世界の大きなうねりが近づいてきている時は
資産の入れ替えが起こる瞬間への準備期間とも言えます。
歴史は必ず勝者と敗者を一定の割合で入れ替えさせ続けます。
資産のリスクヘッジが富裕層ほどは出来なくても、
その時に対する備えをしっかりと行っていきたいと思います。

上手くいかない時

本日は+0.5%。日経平均の+0.9%をアンダーパフォームになりました。
帝国繊維株はエボラショックの再燃と収束で忙しない動きとなった模様です。
マリでエボラが収束したとの事で何よりです。
帝国繊維もエボラ関連株ではありますが、メインはやはり国土強靭化関連株となります。

現在の個人投資家パフォーマンスランキングで首位の割安株投資研究所さんの記事で
毎週行っている作業について記載されていました。
朝香友博氏の『テンバガー 10倍株で勝つ』での発掘要件に合致するものを探しているそうです。

本によるとファンダメンタルでは8つのポイントがあるそうです。
1,過去18ヶ月で終値が最も高い
2,時価総額1300億円以下
3,創業者、創業者一族、または役員が大株主
4,売上が5年前から1%以上増収しており、来期決算も増収予想
5,予想営業利益が増益
6,四季報コメントがポジティブ
7,最低限の財務安全度
8,予想PSRが2.5倍以下(PSR=時価総額÷売上高)

バフェットが結果的に重要視する事になっているEPSよりもPSRを重要視しているので、
純利益よりも売上高を重視したスクリーニング基準と言えそうです。
またPERもみていないので、多少の割高でも掴みにいく基準と言えそうです。
ちなみに帝国繊維は2、4、5、6、7、8の6項目が該当しております。
これから本格的に読み込んでいこうと思います。

体調が優れません

本日は+0.3%でした。
日経平均を今日はアウトパフォーム出来ましたが、
すでにエントリー時点からは-4.6%となっております。
このところ体調が優れません。
体調が優れないと、相場を見る目も曇ってしまいますね。
短い記事で申し訳ありませんが、回復後に通常の記事をあげますのでご容赦下さい。

監視対象銘柄の入れ替えを行いました

本日のパフォーマンスは-2.6%。
日経平均の-3.0%はわずかにアウトパフォームしたものの、
ほぼそれに近い下げとなってしまいました。
ただ帝国繊維は特殊車両などの繊維企業でも勝ち組になれる素質があり、
会社予想もほぼ超えるのが確実な情勢ですので、
あまり心配しておりません。
知名度が低く、低PERで散々放置されてきた銘柄ですが、
エボラ関連銘柄などの特集のおかげで市場の知名度は大幅に上がっております。
銘柄の価値は財務、相場の情勢、人気の3つが合わさって形成されるものだと考えます。
相場の情勢は予想通り軟調となりましたが、目先に惑わされ過ぎる事なく
3つのバランスをしっかりと五感で感じながら、見守りたいと思います。

さて新年相場が始まる前に監視対象銘柄の入れ替えを行いました。
PERが13倍前後までで、EPSが着実に伸びており、ROICが9%以上の銘柄を24銘柄集めました。
直近IPOですが、ファンダメンタルでは優秀な大冷。電子書籍と医療業務ソフトを取り扱うインフォコム。
産業資材大手のコンドーテックなどを監視対象に加えました。

しばらくは厳しい相場が続きそうですが、焦らず冷静にいきたいと思います。

2015年の投資家とは?

あけましておめでとうございます。
いよいよ明日から2015年の相場が始まります。
なかなかご祝儀相場が期待できる状況ではありませんし、
キャッシュポジションを高めながら備える必要があるでしょう。
今の株式相場は公的バブルといっても良い状況が起こっています。
いつ弾けてもおかしくない状況です。
日本では日銀やGPIFが必死で株価を支え、
アメリカでは各企業が借金をしてまで自社株買いを行って指数を押し上げています。
ロシアやギリシャの問題もあり、いつ経済は崩れてもおかしくはありません。
世界の人々は必ず何かに投資をしています。
日本では預金は投資ではないという捉え方をしていますが、
日本円や日本国債に投資しているというのが預金者の実態です。
インフレなのに景気が悪いという最も厄介な状況が近づきつつあります。
しかも格差は拡大している状況です。
日本株を購入するのはインフレによるリスクを減らす効果があるわけですが、
デフレになったり、景気後退が始まってしまっては日本株でのリスクヘッジは
出来なくなってしまいます。
この状況をどうするかを真剣に考えなければならなくなっています。
TBSのサンデーモーニングによると、株を保有している日本国民は12%であるという事です。
これは言い換えれば、88%の人が日本円に集中投資しているという事でもあります。
資産を保護する最良の手段はなにかを考えながら動く2015年となりそうです。
私自身もまだ本格的な下落相場を経験していないので、
そういう時はどう動くべきかをしっかり勉強していこうと思います。
ただ信用取引は絶対に使いません。
あれは破滅への一本道である事は、数多の退場した投資家が証明してくれていますので。

最新記事

当ブログ推奨 初心者が読むべき三冊

成長企業の見つけ方

仕分け方を知るならこの一冊

成長ストーリー分析のバイブル



☆最推奨書籍☆

割安銘柄の計算法

価格ギャップの求め方のバイブル



株を始めるなら、この1冊の読破を

イラスト付きで分かりやすい

株式投資の入門書

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

免責事項

当サイトは投資情報を掲載しておりますが、 投資結果についての責任は負いかねます。 予めご了承ください。 ご投資の際にはご自身の判断で行って頂きます様、 お願い申し上げます。

各種ブログランキング参加中


FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。