特に何も思いつかない週

本日は-0.1%、日経平均+0.0%、TOPIX+0.0%をアンダーパフォームです。
まあ私は今週は動かな過ぎて株をやっている事すら忘れる勢いでした。
何せフジコーポの株価は獲物を狙うチーターの如く
じっとしてしまって動きません。
周囲の盛り上がりが羨ましくもあります。
金曜日の更新を忘れると、ブログを放置してしまいかねないので、
この様な駄文を書かせて頂きました。
スポンサーサイト

株は人間を大きくする

昨日は-0.1%。日経平均+0.3%、TOPIXの+0.0%を
アンダーパフォームとなりました。
母の職場にAさんという方がおりまして、
その方はすでに株式投資を40年行われています。
Aさんは古いタイプの投資家さんなので、
インターネットでの株式投資は行わず、
情報収集も専ら新聞で行うそうです。
Aさんが株式投資を始めたのは20代後半、
叔父さんから東電株を譲り受けたのが
始まりだったそうです。
それ以来、某大手企業の技術部門で活躍しながら
投資を続けて、今の職場には健康を維持する為に
来ているとの事で、すでに老後の蓄えは十分にあるそうです。
このAさんは仕事が出来ることも勿論なのですが、
考え方が素晴らしく、自分と違う考え方をしている人を
全く否定しません。
なぜそんな風に考えられる様になったのか、母が聞いたところによると、
「投資をしていると、自分と違う考え方の人が自分の株を買ってくれるし、
自分に株を売ってくれる。
その人がどんなに嫌な人でもその人がいないと、
株を続けられないし、自分のくらしも豊かに出来ない。
そんな風に考える様になると、人を嫌いになれなくなりました。」
とおっしゃったそうです。
確かに投資の世界も人間と人間が織りなす世界なので
相場には色んな方の人生が表れます。
せっかちな人もいれば、のんびり屋な人もいます。
人を責めるのが好きな人もいれば、
人を褒めるのが好きな人もいます。
中長期投資はどうしても会社をよく調べます。
そして企業の将来を想像して投資をします。
そこでは業績と同じ様にその企業が誠実かも
重要な要素となります。
過去に何度も問題を起こした企業には
冷やかになってしまう事でしょう。
そういう作業を数十年繰り返すと、
きっと色んな企業の事を考え、
色んな企業の考え方を許容できる様になるのだろうと思います。
社会も人の考え方もライフスタイルさえ変化していく。
異端と思われるものが、次々と当たり前になっていく。
妙な先入観でチャンスを潰してしまわない様に
常に本質を見極めなければならないと感じた
そんな週でした。

外国人投資家も小型株を探し始めている?

本日は+0.0%、日経平均の+0.8%、TOPIXの+0.9%をアンダーパフォームです。
今日は当初の予定では四季リサーチの渡部さんの記事の中から
ROEとPBRに関する私観を掲載しようと思っていたのですが、
SBI証券の福の神レポートが面白い内容だったので、
そちらに関する感想に変更したいと思います。
今回の福の神レポートの内容は欧州系の中長期投資家が
狙いそうな20万円以下で買える株という内容です。
詳細に関してはご自身でご確認頂きたいのですが、
四季報ベースで最新と前回で外国人保有率が
5%以上増えているなどの4要件が入っています。
私はこういう証券会社のレポートを完全には信用していません。
証券会社にとってはある意味宣伝記事なので、
本当に良い物と悪い物を同じカテゴリーで括り、
販売しようとする狙いがあると思っています。
ただ全部を悪い銘柄で揃えてしまっては
明らかな誘導記事であると誰の目にも
明らかになってしまいます。
今回もSMS、エスクリなどの
長期に安定して成長している銘柄と
山一電機、アルデプロの様な微妙な銘柄が混在しています。
私はこういうレポートには
必ず意味があるのではないかと考えています。
こういうレポートが出てきた時は
買わなくても、とりあえす調べてみる。
スクリーニング基準に当てはめてみる事が
大事なのではないかと思います。
普段のスクリーニングでは弾かれていても
十分に投資対象、監視対象になる銘柄が
ある可能性も高いですし、
自らの監視対象や投資銘柄に関して
自信を付けたり、見直しに使ったりも出来ると思います。
私は最近、スターマイカの決算書を
勉強代わりに読んでいたのですが、
まあ分かりづらいんです。
ただこうやって特集にポンと入ってくる。
投資対象にはならないので、エントリーはしませんが、
スターマイカの難解な決算書を勉強する事は
後々役に立つよと神か仏か知りませんが、
教えて下さったと様に思えるのです。

経営者は誠実な方が良いか、不誠実な方が良いか

本日は+1.0%。日経平均の+0.4%、TOPIXの+0.8%を
アウトパフォームです。
今日は以前に素晴らしい経営者としてご紹介した
吉岡社長率いるヨシックスが株主優待を新設しました。
私は以前から吉岡社長の商人としての粋を
素晴らしいと感じております。
吉岡社長はメディアに限らず、顧客への感謝や
サービスの提供に対する想いを強く述べられております。
そして当たり前を当たり前にやるという
商人として最も大事な部分を大切にしておられます。
製造業の方にはイマイチイメージが出来ない事かもしれませんが、
小売業の現場では当たり前を見失ったり、
忙しさで作業化してしまったりという事が良く起こります。
これは意識が高い店舗でも往々にして起こる事です。
私もそういう状況になった時は企業理念や行動原則を
一瞬思い出して、それに沿う様に次の行動を起こします。
そうする事で最短で効率が良く、顧客満足度も高い
仕事が出来るからです。
つまりそういう行動原則はシンプルでなければなりませんし、
常に顧客にリスペクトを持ったものでなければならないと
個人的には思っています。
その点では「当たり前を当たり前にやる」という
吉岡社長のメッセージは誠実であり、伝わりやすく、
思い出しやすいという優れたものであります。
私は非上場企業ですが、非常に残念に思う企業があります。
井戸実社長率いるエムグランドフードサービスです。
非常に物議を醸す事の多い同社ですが、
過去は成長力ではトップクラスの企業でした。
ただし私は常々、井戸社長の発言や考え方は
誠実ではないという印象がありました。
勿論、味が気に入らないなら
他店を利用すれば良いという店舗側の理屈は分かります。
私も誠心誠意サービスを尽くしても、
ご満足頂けなかった事は数え切れないほどあります。
ただそれをツイッターで発信したり、
メディアで発信したりして顧客に喧嘩を売る必要は
全く無いと思っています。
そう言った他人をリスペクト出来ない姿勢は
必ず店舗のどこかに現れます。
そして顧客は敏感にそれを嗅ぎ取り、
徐々に顧客が離れていきます。
私は経営者の誠実さはBtoCビジネスでは
かなり重要なファクターであると考えます。
また投資をする者としては、やはり誠実な方が
経営する企業の方が長期的な成長は
果たせると思っております。
勿論、これは私の考えであり、
短期的に驚異的な成長を果たしてくれるのであれば、
悪魔の様な性格の経営者でも構わないという方も
おられると思います。
ただ長期的には経営者の誠実さも無視できないのでは
無いでしょうか?


フジコーポレーション月次発表

フジコーポレーションの4月分の月次が発表されました。
店舗売上高31%増(既存店22%増)、本部売上高30%増、
合計売上高31%増です。
ただ前年は消費税増税の後の買い控えがありましたので、
2年前と比べると店舗売上高13%増、本部売上高46%増。
合計売上高23%増となりますので、
ビックリするほどの数字が出たとは言えないでしょう。
むしろすごく良い塩梅の数字が出てくれたと
個人的には評価しております。
プラスして評価出来るのは商品単価は落ちているのに、
売上や販売数量が上がっている事です。
これはCMの放映などで認知度が向上した事も
遠因ではないかと考えています。
サプライズが出てしまうと、短期的には良いのですが、
必要以上に値幅が揺さぶられてしまい
私の様な長期筋からすると、精神衛生上良くありませんので、
ほどほどの成長を少しでも長くして頂ければと思います。
今回の月次のお陰でフジコーポの現在地が明確になりましたので、
引き続き見守って参りたいと思います。

満足はしていないのですが…

本日は-1.4%、日経平均の-2.6%、TOPIXの-2.1%をアウトパフォームです。
優待の権利落ち以来、フジコーポは完全に需給が崩れてしまい
売り方優勢の展開になってしまいました。
資金回転率を考えれば、売り時となっています。
このまま一気に崩れてしまった時の為にスクリーニングで監視銘柄を追加しました。
引っかかったのはパラカ、北の達人コーポレーション、
ウイン・パートナーズ、モバイルクリエイト、まんだらけの5社でした。
今の基準でも買いにいけるのはパラカとまんだらけですね。
モバイルクリエイトは成長余力もありますし、
まだまだ世間で必要とされる分野だとは思いますが、直近の営業利益の減益が気がかりです。
経常利益、純利益は順調ですが、これはのれん関連ですしね。
今や北海道の人気企業で北大生も入りたがる企業に成長した北の達人コーポレーションは、
次々とベンチャー事業を起こしてくれると思います。
ただ現状は看板のオリゴ商品頼みですので、もう少し様子をみたいところですね。
パラカは3ヶ月ぶりに監視銘柄に戻しました。
ただフジコーポを上回る魅力があるかと言われれば、そこまでではありません。
それなら東武住販に1ヶ月前に鞍替えすべきでした。
スクリーニング作業は本当に難しいです。
PERが切り上がってしまっているので、誰がみても良い銘柄が割安で放置されている事が
ほとんど無くなっています。

最新記事

当ブログ推奨 初心者が読むべき三冊

成長企業の見つけ方

仕分け方を知るならこの一冊

成長ストーリー分析のバイブル



☆最推奨書籍☆

割安銘柄の計算法

価格ギャップの求め方のバイブル



株を始めるなら、この1冊の読破を

イラスト付きで分かりやすい

株式投資の入門書

免責事項

当サイトは投資情報を掲載しておりますが、 投資結果についての責任は負いかねます。 予めご了承ください。 ご投資の際にはご自身の判断で行って頂きます様、 お願い申し上げます。

各種ブログランキング参加中


FC2カウンター