スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小雨が降り続いた一週間

金曜日のパフォーマンスは-0.7%。
日経平均の+0.8%、TOPIXの+0.7%をアンダーパフォームです。
まさにタイトルの様な一週間でした。
じわりじわりと下がっていくという様な一週間。
しかも寄り付き近くに高値があって、昼過ぎて安値があって
午後になって少し回復という様な日が続きました。
相場全体や新興市場でも好調な銘柄が多い中で
大して悪くはなくても、すごい悪かった様なイメージになってしまいます。
まあ決算月でもありましたので仕方ないと言えば仕方ないのですが。
スポンサーサイト

「E」が大事

本日のパフォーマンスは+1.8%。
日経平均の+2.1%、TOPIXの+2.0%をアンダーパフォームです。
最近はフジコーポの繁忙期をじっくりと待っております。
やはりそういう時こそ、もう一回リンチを読み直そうと思いまして
じっくりと時間をかけて読み直しています。
前回読んだ時は理解出来ているか怪しくても
通読を優先していたので大事な要素を落として読んだ気がしていたのです。
私は株価というものを見る時にPERを重要視しているのですが、
Pの部分には引っ張られてはならないという気付きを得ました。
やはり事業は稼いでなんぼという世界ですし
時価総額が増えていかない限りは株価の上昇も見込めません。
PBRが0.5以下であれば企業の何らかの株価対策の効果で
株価が上がる可能性がありますが、
PBRが1を割っているということは市場は時価総額が増えないという
評価を下しているものだと私は考えています。
時価総額が増える為には利益が必要ですし
いくらの利益が乗って新たに資本を形成していくのか
こういうシンプルな事をきっちりと考えられる様になりたいと思います。

電子世界のエリア拡大

本日のパフォーマンスは±0.0%。
日経平均の+1.1%、TOPIXの1.0%をアンダーパフォームでした。
ここ数日は新興市場ではAPP BANKが話題になっている様ですね。
私はこの企業を全く存じ上げず、新しいネット銀行くらいにしか
思っていなかったのですが、マックスむらいさんのコンテンツを
作っている企業だったんですね。
ゲームの攻略をやっている企業が上場してくると
最近は新しいビジネスが増えただけではなく、
それが利益になる環境が整ってきたのだなと感じます。
IT系の企業は概して高いPER、PBRが市場でも設定されやすいわけですが、
それだけ高い成長率を設定している投資家が多い事は
私が不思議に思う事象の一つです。
在庫の少なさや流動資産の多さ、優れた利益率などが要因かとも考えていましたが、
むしろすでにそういう環境が整っているとその部分での改善は限定的ですよね。
そこで考えたのがネット世界のエリア拡大です。
APP BANKの成長ビジョンの一つに接続チャネルの多角化があります。
勿論、メインは新しいコンテンツの創造という事で新商品開発なわけですが、
youtube、ニコニコという動画サイトだけではなく、
twitterなどの近隣のSNSにもチャネルを広げるという
ネット世界のエリア拡大とも言える現象を起こしています。
あるSNSで上手くいったものは別のSNSでも上手くいくよねという展開は
ストーリーとしてはエリア拡大型の要素とも言える様に思います。
無と言いますか、直接人間が肌触りを感じる事が出来ない空間が存在する
そしてその空間にも広がりがあって、価値もある。
私は地に足がついたサービスの方が好きなので、
完全に理解する事が出来ませんが、
そういうものに夢を見る投資家もいるという事は事実なんですね。
特に良いも悪いも思いません。
価値観の違いとも言えるものでしょうね。


何とか良い銘柄を

昨日のパフォーマンスは±0.0%。
日経平均の+1.6%、TOPIXの+2.2%をアンダーパフォームです。
銘柄探しがすっかり分からなくなってしまいました。
昨日も銘柄探しに勤しんでいたのですが、
ファンダメンタルが良いと思ったらストーリーが微妙だったり、
直近決算で売り込まれていたりと
なんか上手く見つからないなぁという印象です。
1社ようやく見つけたのが4674のクレスコですが成長ストーリーはM&A型です。
主力が金融と保険のソフトウェア開発なので不況耐性こそありますが、
だったら認知度向上で9928のミロク情報サービスで良いのかと感じてしまいます。
まあミロク情報は購入している人も多いですが、
クレスコはほとんどお見かけしませんし、そういうところで不安感があります。
銘柄分析力が高ければと思っているのですが、
なかなか勉強の日々です。

急激な上昇、そして下落

先週の金曜日のパフォーマンスは-0.2%。
日経平均の+0.0%、TOPIXの+0.1%をアンダーパフォームでした。
先週は週後半に突如としてフジコーポが吹きまして
年初来高値を更新する場面もありましたが、
最終的には2300円という水準で終わっています。
海外の投資仲間にに聞いてもボラティリティーが高く
非常に扱いにくい相場だという意見が返ってきました。
難しい相場だからこそ、しっかりとルールを遵守した行動を
取れる様にメンタルを保ちたいと思います。

最新記事

当ブログ推奨 初心者が読むべき三冊

成長企業の見つけ方

仕分け方を知るならこの一冊

成長ストーリー分析のバイブル



☆最推奨書籍☆

割安銘柄の計算法

価格ギャップの求め方のバイブル



株を始めるなら、この1冊の読破を

イラスト付きで分かりやすい

株式投資の入門書

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

免責事項

当サイトは投資情報を掲載しておりますが、 投資結果についての責任は負いかねます。 予めご了承ください。 ご投資の際にはご自身の判断で行って頂きます様、 お願い申し上げます。

各種ブログランキング参加中


FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。