スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年終了

今年のパフォーマンスは前年比-4.1%でフィニッシュとなりました。
帝国繊維を決済した時点では-19.4%まで落ち込みましたが、
そこからフジコーポの保有によって少しずつ取り返しました。
直近の下げの影響もあり完全回復には至りませんでしたが、
相場の助けと昨年の含み益もありもあり元本からは106.9%の位置で
2015年を終える事が出来ました。
今年の始めと現在では投資方法も変更し、
よりビジネスに着目した投資方法に変更できたと思います。
2年目までは大きな成果を挙げることが出来ませんでしたが、
この2年間で学んだ事をしっかりと活かし、
勝負の3年目と進んで参りたいと思います。
スポンサーサイト

PCデポに感じた違和感

先日PCデポに初めて行ってきました。
古くなったパソコンを買い取って頂こうと思った為です。
私の場合、初めての店を利用する時は慎重になるので
まずは電話で大まかな内容を確認します。
いくらくらいになるか、費用がかかるか確認させて頂きました。
値段がつかないものなら100円で買取しますという対応。
確実に100円になると思い、PCデポに行きました。

店内に入ったところで違和感

私がパソコンを抱えて店内に入って、
明らかにお手すきの店員と目が合ってるのに
その店員が声かけしてこない
大声で呼んだら、やっとアプローチしてきました。
用件を聞かれたので買取をお願いしたいと伝えると
番号札を持ってきて、順番にご案内するのでお待ちくださいとの事。
私、この間すっと古いデスクトップを両手で抱えております。
これから売るものなので床に置いて良いものか判断できないので。

別の店員が他の方の対応しつつ、こちらをチラチラ見ています。
仮置き出来る移動型の台車がそこら中にあるので
それに置かせてくれれば楽なのにと思いつつ
そのまま待つ事、10分。
ようやく番号が呼ばれ、さっきチラチラ見てきた店員が対応。
パソコンをこちらの台に置いてくださいと台車を用意してくれました。
買取をして欲しい旨を伝えると、買取申込書を記入するように言われたので記入。
もう手がプルプルして若干文字が震えつつ書いたら、また放置プレイ。
さらに10分後、またまた違う店員が対応。(すでに対応店員3人目)
また買取して欲しい旨を説明、申込書を記入した旨を説明。
すぐに100円査定と言われ了承。
そしたらその店員がHDDの取り出しについて有料になると説明。
電話した時は追加料金の説明もせずに聞いてもいない店の場所の説明を始めた癖に
取り出し4000円、破壊に6000円という案内。
HDDを取り外さないとどうなるかという説明もないので聞くと、
データを抜き取る業者が存在するとの事。
ただパソコンは初期化してきたので大丈夫であろうと思い、
4000円or6000円も払いたくなかったので抜き取りなしで買取してもらう事に。
しかし店員が離れてからブラウザでネット証券や銀行に繋いだ事があると思い返し、
それは大丈夫か確認すると、閲覧データは問題ないが
初期化してもブラウザにIDやパスワードを記録した場合は
それは簡単に復元できてしまうという説明。
それは全然大丈夫じゃないと思い、4000円払ってHDD抜き取って貰いました。

とにかくPCデポの対応で感じたのはわざと簡単な事まで難しく説明する。
マニュアル対応がしみついていて、プラスαの対応がない。
責任逃れの為か知らないが聞かれていない事は一切答えない。
質問した事も答えを明確に言わない。
マニュアルある事は不必要な事でも何度も確認する。

パソコンを売る時はHDDは抜いて持っていくのが常識だったらしく、
それを知らなかった事の勉強代を4000円支払ってしまいました。


その点、やっぱりフジコーポの対応は素晴らしかったなあと
PCデポからの帰りの車中で思い返していました。
大体どういうものがかかるか電話の段階で細かく説明してくれましたし、
店でもタイヤについても性能や管理方法まで説明してくれ、
型落ちの低燃費タイヤを格安で手に入れる事が出来ました。

帰ってからPCデポってどんな奴が経営してるんだと確認すると
代表取締役野島の文字。
まさかと思って確認すると案の定、ノジマの野島社長の兄弟。
それで納得しました。
ノジマもマニュアル対応しか出来ない店だなという印象が強かったのです。
社員が知識不足だとリスクを避ける為にマニュアル対応を徹底させます。
つまりPCデポの店員も知識レベルが低い為に、
難しい事を簡単に説明できないだけだったのではないかと思います。
そうやってマニュアル対応を徹底させると、
別にマニュアル対応じゃなくても良い事もマニュアル対応になるので
不思議なものです。

まあPCデポの愚痴をつらつらと書き連ねてしまいましたが、
PCデポを誹謗するつもりはありませんし、
読者さんに利用を制限すべきという提案をするつもりもありません。
ただ私が対応して頂いた内容を羅列したのみです。

つまり何が最終的に言いたいかというとPCデポは監視リストから外すという事です。
(私が本当に書きたい事はここだけです)
何とか良い年末を迎えたいものです。

あと3日

今年の取引もあと3日となりました。
私は今年は2/13の帝国繊維の決算でほぼ年初来-30%のパフォーマンスまで落ちましたが、
フジコーポを地道に持ち続けて-10%前後で何とかフィニッシュ出来そうです。
暖冬の影響で直近はフジコーポが売られていますが、
この企業がとんでもない消費者独占型の企業に成長する可能性がある事に気付いてからは
ワクワク持ち続けています。
また年末の反省は改めて記事をあげたいと思いますので、今日はこの辺で。

暖冬とエニグモ

昨日のパフォーマンスは-2.2%。
日経平均の-1.9%、TOPIXの-1.7%をアンダーパフォーマンスでした。
今年はエルニーニョの影響で世界的に従来とは変わった気候となっている模様です。
ただ人間が観測出来るようになってからの数十年の平均から逸脱しているだけで
どういう気候が正常なのかは誰にも分からないものです。
トイレ掃除をする時にどこが一番汚い、もしくは掃除するのが嫌だと感じるでしょうか?
ほとんどの方は便器の中と答えると思います。
私もその様に思っていました。
だから床を拭いたり、便座を拭くのは平気な癖に便器の中に手を突っ込む時は
少し自らを鼓舞してからでないと出来ないわけですが。
とあるブログを読んでいる時に便器の中は使用する度に水が流れ、
1日に何十度も清掃を行っている。
もしかしたら1番綺麗なのではないかという
問題提起をなさっている方がおられました。
私もある種便器の中は汚いという常識から観念を完成させ、
その様に理解していたわけであって、
それによって自ら考える事を意図的に止めていたのかもしれないと
気付かされました。
私が帝国繊維をあんな高値で買ったのは成功している人のマネをすれば、
成功出来るに違いないという考えからでした。
今もフジコーポで成功している人と同じ銘柄にのっています。
投資のきっかけにパクりという要素が完全に無かったとは言いません。
ただ帝国繊維は知ったのもvisionさんという方のブログ、
買った値段もvisionさんの取得額よりも少し安いところ。
そして損切りも同日。
完全なるパクり投資です。
フジコーポの場合は知ったのは自らのスクリーニング。
買うきっかけとなったのはゆうゆーさんのブログ。
買うタイミングは割安と成長を自らの分析で確信出来た時。
損切り、利確については今の所成長ストーリーの崩れか、
成長率を大きく上に乖離した時としか決めていません。
エニグモの場合も自らの判断でPERやPBRが高過ぎることや
成長率が過大に評価されすぎていると判断したので
他の人が買った時も買いませんでした。
フジコーポから動かさないのも動かさないというよりは
動かせないといった方が正しいかもしれません。
考えれば考えるほどフジコーポ以上に自分の投資条件に
合致している投資先が存在しないのです。
安くなってくれたらアークランドサービスは買いたいところではありますが。
今の値段では全く手が出せません。
常識やルールというものはあくまで他人から与えられたものであるという事は
強く認識しておかねばならないでしょう。
日本銀行券にしたって私はあれはお金だと思って育ちました。
しかしよくよく考えればあれは債券です。
投資を始めなかったら気付きもしませんでしたが。
日本銀行券を持っているだけで投資家だったんだという
当たり前の現実に気付かされるわけです。
何故なら能動的にか受動的にかは別にしても
日本円を保有する事を選択しているのですから。
最近は身の周りに当たり前について立ち止まって考える機会が
増えて参りました。
2015年もあとわずか、当たり前を他人から押し付けられた当たり前ではなく、
自分で納得して考えて他人とも折り合いをつけた当たり前に出来つつあるのが
今年の成長かなとも思います。

フジコーポレーション本決算

本日、フジコーポレーションの本決算が発表されました。
直近の月次の推移からは売上高は前年比+8%前後で来るかというのが
個人的な予想でしたが、こちらが+10.2%とやや予想以上となりました。
営業利益も前年比+10.3%でしたので、全体的にボリュームアップして
どの分野も均一に成長したという印象です。
さて直近の4Qに関してですが前年同期比で
売上高が+20.8%、営業利益が+27.0%となっています。
営業利益率などは特に変化がありませんが、
自己資本比率が40%を切ってきましたので
新倉庫が費用対効果に合致した投資であるかを
慎重に監視しながら保有を続けて参ろうと思います。
また新規店舗については居抜きを利用したコスト減を
決算短信で提示されておりますので、
それがどれくらいの効果になるかも見て参りたいと思います。
20151214214009a8d.png
201512142140107b5.png

自動運転は想像よりも早くやってくるかもしれない

先週金曜日のパフォーマンスは-1.6%。
日経平均の-2.1%、TOPIXの-1.8%をアウトパフォームでした。
土曜日にテスラモーターズが自動運転機能を日本の公道でも
使用できる様に申請し年内にも承認される見通しです。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20151205-00000369-fnn-bus_all

こういった自動運転の技術は遠い未来の話とばかり考えてしまいますが、
一度技術革新の流れさえ決まってしまえば、どんどんそのスピードが
加速していくのが現在の世界の潮流ではないでしょうか?
2000年のヒット商品であるIモードや
プレイステーション2はすでに過去の遺物となり、
2005年のヒット商品のおサイフケータイですら
レジでのデビットカードの導入が進む事により
あと数年の栄光となってしまう事でしょう。
今は10年後の未来を想像することが著しく難しい時代です。
これは無理と思った事が叶う時代とも言えます。
サービス業、小売業もまた浮き沈みが激しい世界です。
やはりEC事業への積極投資、そして物流の効率化、
この2つを行えている事が生き残りの条件ともなっています。
野村総研の調査では日本の労働人口の49%は人工知能に
置き換える事が可能だとも言われています。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1512/02/news111.html
投資でも固定概念はある程度外し、
少し視野を広げる必要があるのかもしれません。
その中でも長期的に必要とされる企業は
どんな企業かを考えてストーリーを組み立てる事は
どんな未来を想像するかという事と直結します。
それは日頃から日本だけでなく海外のメディアにも触れ
情報量を増やす事でしか正確性は
上げられないのではないでしょうか。
語学が出来るというメリットもそれ程長くは続かないのかもしれませんが
頭を使って広く情報を集める事はしっかりとやっていくつもりです。

最新記事

当ブログ推奨 初心者が読むべき三冊

成長企業の見つけ方

仕分け方を知るならこの一冊

成長ストーリー分析のバイブル



☆最推奨書籍☆

割安銘柄の計算法

価格ギャップの求め方のバイブル



株を始めるなら、この1冊の読破を

イラスト付きで分かりやすい

株式投資の入門書

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

免責事項

当サイトは投資情報を掲載しておりますが、 投資結果についての責任は負いかねます。 予めご了承ください。 ご投資の際にはご自身の判断で行って頂きます様、 お願い申し上げます。

各種ブログランキング参加中


FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。