スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スクリーニングの盲点


ネット証券で口座をお持ちの方でスクリーニングを
利用した事がないという方はまずいらっしゃらないでしょう。
各ネット証券はスクリーニングにも特色を出し、
利用者のニーズに応えようとしています。

ただ四季報を隅々からラインマーカーを引きながら
読んで投資を行っている方にどうしても劣ってしまう点があります。
特に大きいのはスクリーニング条件から外れたものを
全部切り落としてしまうという事
です。

例えばPER15倍以下、PBR2倍以下というスクリーニングをかけたとして、
PER15.1倍、PBR1.6倍の成長株があってもそれは除外されてしまいます。
条件を狭めれば狭める程、必要な情報が落ちるという事にもなりかねません。
これは大きな損失と言えるのではないでしょうか?

人間の心理としてキリのいい数字というものをどうしても意識してしまいます。
しかしそれを逆手に取らないといい漁場は手に入りません。
私はキリの良い数字を入力しない事にしています。
例えば20.1とか1.78とか(実際に使っている数字ではないのであしからず)を用います。

こういう細かい微調整こそ利益を得る為に必要な事ではないでしょうか?
その物差しとして自分が良いと思い、自分が素晴らしいと考えている
投資家さんの保有銘柄を利用する事
があります。
このスクリーニングだとこの銘柄が抜けてしまうとか
このスクリーニングだとこの銘柄が入ってしまうとか
しかもそれがどんなに頻度があけたとしても、
四季報の更新の度に行う必要があります。

とある投資家さんの講演ビデオで未来永劫勝てる方法はない。
だからいくつも引き出しを持つ必要があるという
説明をなさっているのを聞いて、とても納得しました。
その方は短期派の方でしたが、長期派にそれはきっと当てはまる事です。
きっとこれから先に利益をあげられる企業と今まで利益をあげられた企業は違います。
それを探す為には他人より半歩前へ出てみるという姿勢が必要なのではないかと
私は考えています。


スポンサーサイト

過去の自分よ。お前は何をみてたのか?

今回はお試しシリーズ。
過去の保有銘柄を今の基準で分析し直してみました。
過去の分析とは私の買い方も変わっております。
原点との違いを再確認するための自己満足記事です。
2014年4月に投資家デビューをした私が
最初に保有したのがみずほFGです。
あれから20ヶ月経ちますますが、
色々な方に助けて頂きながら生き延びていられる事に感謝です。
このみずほ株を購入した時の知識はPER10倍以下は割安のみ(苦笑)。
あのまま行っていたら、今頃にはとっくに相場にはおりませんでした。
でも1円を儲ける事の大変さを知った銘柄でもあります。
では分析してみます。

成長ストーリーはありません。
よって今の分析手法だとここで終了なのですが、
7年での売上高成長率だけ一応出してみました。結果は-1.65%
5年と3年を加えた加重平均でも2.28%でした。
EPS成長率と営業利益成長率は数値にマイナスがある為、
測定不能とさせて頂きます。
(参考までにEPS 5年:5.03%、3年:4.16%。 営業利益 5年:14.48%、3年:16.07%)
私の個人の感想としては成長ストーリーが皆無なので
(一応こじつければTOB型と言える程度)
加重平均の成長率2%も維持は難しい様に思えます。


リンク先のご紹介

ゆうゆー投資法 ゆうゆー 様

ストーリー分析と成長力分析という二つの分析手法を用いて
価格ギャップを算出する方です。
再現性が高い投資方法と誠実な人柄で人気を集めています。

(割安重視) ☆☆☆★☆ (成長重視)

株式投資を楽しみながらマイペースに資産を増やすブログ カイト 様

中長期投資の面白さを感じるならこのブログ。
数々の株主優待の写真などで視覚で投資の楽しさを感じる事が出来ます。
ビジネスモデルに着目した投資方法で
割安にも成長にも偏る事がないバランスの良さもある方です。

(割安重視) ☆☆★☆☆ (成長重視)

中長期投資の練習記録 まるのん様

緻密なデータ分析に裏打ちされたバリュー派の急先鋒。
読み応えのある銘柄分析が魅力なブログです。
基礎知識を備えた玄人好みの程良いピリッと感が味わえます。

(割安重視) ☆★☆☆☆ (成長重視)


激動の一ヶ月

本日のパフォーマンスは-2.4%。
日経平均の+2.8%、TOPIXの+2.9%をアンダーパフォームでした。
増資という要素が入ってきておりますので致し方なしの状況です。

今月が始まる頃は気候的にも暖冬、
相場環境も比較的暖かい状況でしたが、
ほんの一ヶ月足らずで景色が激変しております。
相場には次々と新しい投資家が生まれますが、
また次々と消えてもいきます。
激しいパフォーマンスを狙った投資行動を取れば、
必ずどこかに無理が生じると私は思っています。
欲をどれだけコントロールするかという事は
リスクをどこまで許容出来るかとイコールではないでしょうか?
人間は弱いので、すぐにその合理性を崩してしまいます。
私が昨日で少し触れた理髪店の事も同じです。
その店員は自己弁護、自己の正当化を長々と行っておりましたが、
私からしてみれば注文に対して合意したにも関わらず
あなたが悪い、私が正しいという理由を列挙されても
困惑や疑念こそ生じますが、利益は全く発生しません。
その様な事は奥様か行きつけのクラブの女性になさって頂きたいと
思ってしまいました。
私が株を始めて学んだ事の一つは自己の正当化からは
何も生まれないという事です。
正当化すると改善点を見逃します。
そして同じ失敗を繰り返す事になります。
実社会では同じ失敗を繰り返す事は信頼を失う行為ですし、
投資においては損失を拡大させるものです。
素直に認め、学ぶ事こそ利益を得るためには
大切な行為ではないかという気付きを与えて頂きました。
私が今、取り組んでいる事は他の方が購入し、
私は購入しなかった銘柄は何故上がったのか
そして自分の分析の間違いは何だったのかを研究する事です。
そこで一定の法則を見出せれば、
それは私の分析に加えるべき要素です。
しかしまだそれが分かりません。
もうしばらくはこの事に関して考えてみたいと思います。

リスクオフとは思っていません

本日のパフォーマンスは+7.7%。
日経平均の+0.9%、TOPIXの+1.3%をアウトパフォームでした。
東京市場もリスクオフという流れになっているという情報が散見されますが、
私は全くそうだとは思っていません。
何故なら先週とは何も変わっていないからです。
中国の成長率の予想が急に7%を超えたわけでも
OPECが減産を決めたわけでも
黒田バズーカ第3号が打たれたわけでもありません。

OPEC事務局長:世界の産油国に減産への協力を呼び掛け
この様なニュースこそ出てはいますがね。
私の今日のパフォーマンスもただ雪が降っただけです。
今までは雪が不確定要素であった為に
フジコーポのパフォーマンスも非常に悪いものでしたが、
しかし雪が降って異常が正常になった。
それ以下でも以上でもないと思っています。

個別銘柄にも楽観も悲観もしないかわりに
何故それが起きているのか、そしてそれの問題点はどこでどれくらいなのかという
真実だけを見極める訓練をしていきたいと考えています。

私は最近ユニリタとクレスコを監視銘柄に加えていますが、
これはあまり良いパフォーマンスとは言えません。
今の分析方法だと流動資産を多く持っている
IT系の企業を高く評価してしまうので改善する必要があると考えているところです。

もっともっと強くなりたい

本日のパフォーマンスは-3.4%。
日経平均の-2.4%、TOPIXの-2.8%をアンダーパフォームでした。

相場としてはまだ日経平均はPBR1倍まで遠く割高感がありますね。
ゆうゆーさんの過去の記事でもあった様に
日経平均PBRとの相関性が高いという事が証明されています。
でもこれは考えてみれば単純に考えれば凄く当然です。
景気敏感株で大手の低成長株に対してPERで投資判断は下せないわけです。
やはりPERを使う場合はその企業の成長が見込まれることが前提だと思います。
成長株にPBRを重視して投資判断をしてもこれもまた微妙に違います。
流石にPBR5倍を超える場合にはリスクを覚悟する必要がありますが、
2倍台であればPER次第では投資案件になるはずです。
上海だって成長率7%はそこそこ高いわけですが、PBRが2倍を超えた場合は
果たしてその時価評価が適当なのかという判断から下げ始めたのだと思います。
そしてマーケットの資金は必ずどこかに移動します。
私はこういうマーケットの流れを徹底的に研究してマーケットのプロになるか、
それとも個別にビジネスを調べ、その銘柄のプロになるか。
長期的にはこの2つのタイプに集約されていくのだと思います。
勿論短期的には相場の影響を個別銘柄も受けます。
ただし優れたビジネスを展開している企業は再評価されるのもまた早いのも
傾向としてはあるのではないかと思います。
最近はブログのアクセス数も有難い事に普段よりも多いです。
投資に不安になっている人が多いのだと思います。
ただ何かがあって情報を集めるというのはちょっと遅いのではないかと
個人的には思っています。
平時にしっかりと情報を集め、自らの考え方も整理し
相場の異常に備えるという事こそ大切だと考えています。
戦略が固まっているとさらに強いですね。
私は平時に情報を集めるという前者は人並み以上には出来ていますが、
戦略を固めるという事はまだ出来ていません。
この環境を利用し、より強い投資家なる為に戦略を固める努力をしていきたいと思います。

真価が問われる局面

昨日のパフォーマンスは+2.1%。
日経平均の-0.5%、TOPIXの-0.2%をアウトパフォームでした。

ミスターマーケットはあまり気にしない私ですが、
ツイッターで流れてくるツイートがあまりいい雰囲気の物が無く、
相場について少し気になってしまいました。

私は日本の株式相場全体は
PBRとの相関性が高いと考えています。
従ってPBR1倍を基準に考えるのが良いと思います。
従って日経平均の20000円超えは高過ぎると思っていましたし、
今も若干割高だと考えています。
BPS14655円ですから、そこが基準になるでしょう。

それでは個別株に関してはどうでしょうか?
私はそれほど悲観的になる必要は無いと考えています。
2008年のリーマンショックの時でさえ
TOPIX構成銘柄のうち11.3%は年度ではプラスでした。
あの年はTOPIXは-39%と普通の下落局面の年の
2倍近い落ち方であったにも関わらすです。
つまりしっかりと成長している企業、
そして不況耐性を兼ね備えている企業であれば
決して長期的には悲観する結果にはならないと思います。
ただし予想以上の下落に備えてキャッシュポジションを
ある程度持っていく事だけはしておきたいと思います。
私は現物のみですので先物に関する知識はありませんが、
これからは今まで以上に危険な取引になるのではないかと考えています。

とにかく準備はしてきているので落ち着いて参りたいと思います。

ETFはストーリーが分析しにくい

本日のパフォーマンスは-2.1%。
日経平均の-0.3%、TOPIXの-0.7%をアンダーパフォームです。

個人投資家ではこの1週間も利益を出した人の方が多かった様ですね。
特にツイッターやブログをやっている方は成長企業の個別株投資が多いので
日経平均とのリンクは薄いんでしょうね。

私は下がった日経平均を遥かに超える酷いパフォーマンスだったのですが、
これはフジコーポの増資によるものです。
増資によって株の希薄化が発生してしまったわけですが、
今回の増資に関してはフジコーポの説明に納得していますので
特に不安感はありません。
むしろ月次をさっさと出さない事の方が問題です。
数字が悪い時こそ素早い開示で投資家に情報を与えるという事が
とても大切です。
数日先延ばしにしても、その数字で売る人は売りますし、
買う人は買います。
悪かったのなら理由を添えてすぐに教えて頂きたいものですね。
月次に対する愚痴はこれくらいにさせて頂いて
増資に関してに話を戻しますが、
今回の増税の目的
1,タイヤ、ホイールを新たに購入する為
2,借入による仕入を株主資本に変えて支払利息を減らす
3,キャッシュを増やして、急激な在庫変動に対応する為の環境整備

これが要点であると私は理解しました。
昨年の新倉庫で設備の整備は終わっています。
昨年の11月にフジコーポのネット注文が注文殺到により
1週間〜2週間ほど商品発送までの時間を要していたわけですが、
今回も残念ながら購買機会の損失があった様に思われます。
シーズン前にしっかりと商品も需要にあった量を用意する事が
必要であるという事が今回の増資の大きな要因となったのでしょう。
従ってこれは成長の為のコストと考えるのが妥当であると
私は判断しています。
また借入で商品を仕入れますと利子というコストも発生します。
抱える在庫量が増えれば増える程、そのコストは増えます。
それを軽減させるという事も長期的に株主の利益になると考えました。
幸いにもCFでとんでもない兆候があるとか
そういった事も見られませんので、引き続き雪だけを祈りながら
この3連休は雪乞いでもさせて頂きます。
週間予報だと北国は雪マークが並んでいましたが、
果たしてどうなりますやら。

最新記事

当ブログ推奨 初心者が読むべき三冊

成長企業の見つけ方

仕分け方を知るならこの一冊

成長ストーリー分析のバイブル



☆最推奨書籍☆

割安銘柄の計算法

価格ギャップの求め方のバイブル



株を始めるなら、この1冊の読破を

イラスト付きで分かりやすい

株式投資の入門書

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

免責事項

当サイトは投資情報を掲載しておりますが、 投資結果についての責任は負いかねます。 予めご了承ください。 ご投資の際にはご自身の判断で行って頂きます様、 お願い申し上げます。

各種ブログランキング参加中


FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。