エスクリの悲劇

本日のパフォーマンスは+2.5%。
日経平均の+0.2%、TOPIXの+0.4%でアウトパフォームでした。

本日はやはりエスクリについて触れておきたいと思います。
都市型、格安で個人投資家注目銘柄の一角だったエスクリ。
あまりにも悲劇的な事になってしまいました。
私は過去にエスクリとアイ・ケイ・ケイ、
どっちに期待するかというアンケートをツイッターでやった事があります。
その際に確か10名が参加して下さったと思いますが、
エスクリ10票、アイ・ケイ・ケイ0票だった記憶しています。
つまりアンケート当事者の私以外アイ・ケイ・ケイ派がいないという
何とも悲しい結果になり、ちょっと落ち込んだ記憶があります。

私はアイ・ケイ・ケイをかなり評価しています。
その理由はとにかく人を財産と強く考えている事にあります。
働きがいのある会社としての高い評価を受けている事からも
それは客観的に証明できるのではないでしょうか。

こちらはアイ・ケイ・ケイの株主通信ですが、
特集の1項目が人財の宣伝とは相当の自信です。
当然これだけ従業員を大事にする企業ですから
顧客のきめ細やかさも充実しています。
結婚する2人の個性を大事にした誠実な式が好評で
口コミを基本に佐賀の伊万里という人口が6万人の商圏から
地道に広げて東証1部にまで20年程で上場しています。

私がエスクリに抱いた疑問はこのアイ・ケイ・ケイの良さの真逆です。
漠然とした「ありがとう」の連呼である挙式コンセプト
そして妙にビジネスチックな事業内容。
やっぱりリクルート出身社長の企業だなと強い嫌悪感さえありました。

リクルートという企業は人財という考え方は欠落している企業です。
ガンガン採って、ガンガン使って、ガンガン捨てる。
ビジネスチャンスだけは与えるから修行していけくらいの
人の育て方をする企業です。
そういう企業で育った人が柔らかな雰囲気の社風を作る事は
難しいのではないでしょうか。
もう一つの特徴が大風呂敷をひろげる事です。
これもリクルートの仕事の進め方の典型。
一見無理そうな目標を設定し、
プレッシャーを社員にかけまくって達成させる。

エスクリは自己資本比率や有利子負債の観点からも
ROEとROAの比較から言っても、やはりそういうスピリットを持っています。

確かにリクルート社や出身者は社会の既成概念で難しいとされる事を
まず最初に力強く破っていく良さはあります。
しかしビジネスも最後は人間力が大事ではないでしょうか。

特に結婚式場は温かさがあった。
親切だった、誠心誠意尽くしてくれた。
こういったものが高級感や手頃感よりも大事だと思います。

私のスクリーニングだと結婚式場が入ってしまう事が多く、
特にノバレーゼ、アイ・ケイ・ケイ、エスクリを
全く異なる個性の企業として着目しておりました。
しかしノバレーゼは食中毒問題を起こし、
エスクリはとんでもない決算をうちました。
アイ・ケイ・ケイはISO22000:2005という国際規格の
食品安全マネージメント資格も取得していますので、
ノバレーゼの様な問題が発生する確率も低いでしょう。

こういう手間がかかる事を地道にやる事も
成長ストーリーを考える上では大事だと考えています


スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


最新記事

当ブログ推奨 初心者が読むべき三冊

成長企業の見つけ方

仕分け方を知るならこの一冊

成長ストーリー分析のバイブル



☆最推奨書籍☆

割安銘柄の計算法

価格ギャップの求め方のバイブル



株を始めるなら、この1冊の読破を

イラスト付きで分かりやすい

株式投資の入門書

免責事項

当サイトは投資情報を掲載しておりますが、 投資結果についての責任は負いかねます。 予めご了承ください。 ご投資の際にはご自身の判断で行って頂きます様、 お願い申し上げます。

各種ブログランキング参加中


FC2カウンター