スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資産価値

企業の価値と時価総額はなかなかに不一致であるという事実に
最近は苦しんでおります。
成長率や事業の価値を算出する場合は少しずつではある程度
精度が高い指標が研究されていますし、一般化もされています。
株主価値を算出する場合はRO系の指標であるROE、ROA、
そして特にROICで良好なものが求められると思います。
PERをあえて少しこのRO系の指標よりランクダウンさせているのは
PERが企業活動と関係のない利益を反映してしまうからです。
そして企業の成長率とPERよりも企業の本業をより忠実に表す
ROICの方が相関性が高いという印象がある為です。
ただ資産価値に関しては少なくともPBRと
バッチリハマるという結果が得られません。
勿論明らかな割高を算出する意味では良い指標であるのは
間違いないとは思いますが。
結局は頑張ってDCF法をマスターして、
それを自分に合う形にカスタマイズするしかないんでしょうね。
難しいのでなかなか身にならないというのが難点ですが。
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


最新記事

当ブログ推奨 初心者が読むべき三冊

成長企業の見つけ方

仕分け方を知るならこの一冊

成長ストーリー分析のバイブル



☆最推奨書籍☆

割安銘柄の計算法

価格ギャップの求め方のバイブル



株を始めるなら、この1冊の読破を

イラスト付きで分かりやすい

株式投資の入門書

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

免責事項

当サイトは投資情報を掲載しておりますが、 投資結果についての責任は負いかねます。 予めご了承ください。 ご投資の際にはご自身の判断で行って頂きます様、 お願い申し上げます。

各種ブログランキング参加中


FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。