フジコーポ第一四半期決算&2月月次発表

表題の通り、昨日フジコーポの1Qと2月月次が発表となりました。

フジコーポ1Q決算
2月月次実績


1Q決算ですがやや予想を下回ったものの
許容範囲内での着地と言えそうです。
売上総利益率は31.8%と前年の31.7%からほぼ変動無しでした。
販管費比率は18.6%から17.6%からやや増加しています。
全体としては暖冬というマイナス要素と
通販売上比率が向上したというプラス要素がある中での決算でした。
そして需要が少ない中で広告などの訴求費用や
販促キャンペーンによって販管費が上がり、
減益となったという分析が出来るかと思います。
また人件費に関しても前年より40名ほど増員していますので、
そのコスト分が販管費に表れていると思います。
平均年齢が30歳の若い組織ですので400人の昇給も
結構バカにならない金額になりますしね。

しかしながら公募増資によって懸念材料の一つでもあった
自己資本比率が52.1%と安全な水準まで回復した事もあり、
問題なく保有出来る結果となりました。

2月月次に関しては既存店売上高が前年割れしている事が懸念材料です。
特にホイール販売数量が落ちているのは問題と認識している様で
昨日からホイールのセールを打っていますので
ここでの挽回に期待したいところですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


最新記事

当ブログ推奨 初心者が読むべき三冊

成長企業の見つけ方

仕分け方を知るならこの一冊

成長ストーリー分析のバイブル



☆最推奨書籍☆

割安銘柄の計算法

価格ギャップの求め方のバイブル



株を始めるなら、この1冊の読破を

イラスト付きで分かりやすい

株式投資の入門書

免責事項

当サイトは投資情報を掲載しておりますが、 投資結果についての責任は負いかねます。 予めご了承ください。 ご投資の際にはご自身の判断で行って頂きます様、 お願い申し上げます。

各種ブログランキング参加中


FC2カウンター