特殊な月次


本日のパフォーマンスは±0%。
日経平均の-1.4%。TOPIXの-1.2%をアウトパフォームでした。

今週はフジコーポの4月月次が発表されました。
月次を一目見た瞬間に伸びが全体的に悪いという印象を受けましたので、
ちょっと精査(私は都知事と違ってやましい事をした訳ではありません 笑)してからじゃないと
ブログをあげられないと思い、ようやく今日時間が取れましたので更新しております。

一応過去5年分の月次を確認してみました。

2012年 2013年 2014年 2015年 2016年

2014年4月は消費増税の反動減の影響で全売上高-6%。店舗売上高-13%だったわけですが、
通販は+12%、卸は+14%、本部売上高+13%という高い成長を見せていた月でした。
2015年4月はこの影響が無くなり全売上高、店舗売上高が共に+31%であった一方で
通販も+24%、卸は+48%、本部売上高+30%とこちらも同水準伸びていました。

消費増税の影響がない2013年4月を100とすると
今月時点では全売上高128、店舗売上高119、
通販売上高141、卸売上高177、本部売上高151となり
本部部門に関しては去年までがあまりにも高い実績だったので、
今月の見かけ上の数値が悪くなったのだと私は考えています。

改めて数年分を振り返ると、
こんなに成長してたのかとウキウキしながら電卓をうっていました。
この3月、4月が今年までは調整されていなかったのでしょう。
暖冬の影響があった12月と1月の月次も
来年は気をつけて判断しなければなりませんね。

月次を見るにも、決算短信でも取引スタイルに合致した分だけ
振り返る必要が本来はあるんですよね。
最近はそれを怠っていたと反省させられる月次でありました。




スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


最新記事

当ブログ推奨 初心者が読むべき三冊

成長企業の見つけ方

仕分け方を知るならこの一冊

成長ストーリー分析のバイブル



☆最推奨書籍☆

割安銘柄の計算法

価格ギャップの求め方のバイブル



株を始めるなら、この1冊の読破を

イラスト付きで分かりやすい

株式投資の入門書

免責事項

当サイトは投資情報を掲載しておりますが、 投資結果についての責任は負いかねます。 予めご了承ください。 ご投資の際にはご自身の判断で行って頂きます様、 お願い申し上げます。

各種ブログランキング参加中


FC2カウンター