長期投資は逃げとなるか?

本日は-1.3%のパフォーマンスとなってしまいました。
日経平均-0.0%、TOPIXの-0.1%を大きくアンダーパフォームです。
本当に勝てる投資家の凄さを最近は感じています。
visionさんは私と同様に帝国繊維で20%以上のダメージを受けましたが、
サイネックス、福島工業、ビジネス大田昭和、クリヤマHD、内外トランスラインの
5連勝であっさりと損失を穴埋めしてしまいました。
たったのひと月で20%をあっさりと取り返す事が出来る
個人パフォーマンスランキングで上位に入った方々は
こういう凄まじい事が出来てしまえます。
私の様な並の投資家は損失をどんどん増やしてしまいます。
現にあれからひと月でさらに-9%パフォーマンスを悪くしているわけです。
銘柄を選ぶという事は非常に難しい作業であります。
割安性や成長性を丁寧に分析してもトレンドをしっかり捉えられないと、
パフォーマンスを上げる事が出来ません。
しかし私はこのトレンドを捉えるというセンスが低く、
安定成長と割安性を両立している銘柄を発見しても
即時にパフォーマンスに繋げる事が出来ないのです。
サイネックスのふるさと納税が今年もこんなに騒がれる事をしっかりと掴んでいる。
内外トランスラインやBS11の一部昇格を読んでいる。
エニグモのコンセンサス予想の上ぶれを読んでいる。
分析をしていれば可能性がある事は並の投資家でも分かります。
しかし勝てる投資家は肌感覚が優れている。
買うタイミングでバッチリハマるのです。
一、二週間で材料が発生する。
これは分析だけでなく、その上での肌感覚なのだと思います。
その様な肌感覚を身に付ける事は簡単な事ではありません。
経験を積み重ねることによって得られるものなのか。それすら分かりません。
だからこそ並の投資家は天才以上にトレンドの分析も必要だという事を
最近は痛感しております。
株は未来を読む作業です。
それはギャンブル的な未来予測では無くて、未来を今の情報から合理的に分析する事でしょう。
今はマイナンバー関連銘柄が活況になっていますが、
11月の配布という事を考えれば、もう予測可能な未来と言えましょう。
私は株式市場に足を踏み入れて10ヶ月半が経ちました。
水素関連やインバウンド関連などのテーマが次々と発生しては終わっていきましたが、
およそその時に活況だった銘柄は一過性のものが多く、
長期的に成長を予測できるものばかりではありませんでした。
確かにテーマを追い続けるという行為が正攻法なのかもしれません。
それを適切に読む力があれば、資金の回転も素晴らしいものとなる筈です。
しかしそれが出来ない並の投資家は安全な成長をする企業を
丁寧に拾い上げ、じっくり攻めていくしか道がない様に思います。

ざわかみファンドさんがブログを限定制にする様で
限定制になってしまう前にじっくり閲覧していました。
長期投資についても言及されており、
このタイミングでの長期投資は避けるべきだと述べられてます。
ここから先の相場で長期投資を行うには
信念も真剣さも必要であるという事だと私は解釈しました。
私は信念を持って守備的な戦術をちゃんと展開できているのか、
自分が苦手な攻撃型の戦術になってしまっていないかは
常に確認しながら相場に流されていこうと思います。

頭にある内容をまとめずに書いているので
よくわからない長文になってしまっています。
読みづらい記事にお付き合い頂きありがとうございました。

スポンサーサイト

コメント

No title
本当に参考になる、お話ありがとうございます。
以前、フジを買ったとコメントしたものですが、あまりにも下がるので昨日怖くなって損切しました。
いつかは、億り人になって専業になるのが夢なのですが、かなり先になりそうです。
お互いに、今は負けてますが頑張りましょう。
  • 2015-03-17│17:16 |
  • 株初心者 URL│
  • [edit]
No title
いつもコメントありがとうございます。
恐怖心からの損切りも重要な決断だと思います。
それは株初心者さんが持つ肌感覚ですね。
ただ私は早い損切りで後悔した事がありましたし、成長ストーリーと銘柄の割安性の解消が重要だと思っていますので損切りをする予定は当面ありません。
損切りにも合理的な理由が必要ですから。
  • 2015-03-25│21:55 |
  • ユリウス URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret


最新記事

当ブログ推奨 初心者が読むべき三冊

成長企業の見つけ方

仕分け方を知るならこの一冊

成長ストーリー分析のバイブル



☆最推奨書籍☆

割安銘柄の計算法

価格ギャップの求め方のバイブル



株を始めるなら、この1冊の読破を

イラスト付きで分かりやすい

株式投資の入門書

免責事項

当サイトは投資情報を掲載しておりますが、 投資結果についての責任は負いかねます。 予めご了承ください。 ご投資の際にはご自身の判断で行って頂きます様、 お願い申し上げます。

各種ブログランキング参加中


FC2カウンター