今週の考察

本日のパフォーマンスは-1.1%でした。
日経平均の+0.1%、TOPIXの+0.2%をアンダーパフォームです。
今回はvisionさんのブログの中で真PERという考え方が示されていますので、
それについて考察したいと思います。
visionさんはバリュー派の方なので資産の安全域を重視している様に感じます。
その際にPBRで資産の割安感を計測するのが一般的です。
しかし真のPERはネットネットキャッシュという企業が持つ預金に着目し、
預金-総負債÷発行済株式数で1株あたりにどれだけの現金が付いているかを計算し、
その分だけ株価から差し引いてPERを再計測する手法です。

預金 1000 総負債 500 発行済株式数 100 株価 1000 予想EPS 100の場合、
(1000-500)÷100=5(つまり1株に5円のプレミアが付いていると考える)
1000-5=995(この数値がネットキャッシュを考慮した場合の株価)
本来であれば予想PERは10ですが、実PERでは995÷100=9.95となります。
預金を多く持っている企業では使えますが、
ネットネットキャッシュがマイナスになった場合は
逆に株価に加えるのか、それとも株価にすでに織り込まれていると考えるかは
リスクをどの様に考えるか次第という事になろうかと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


最新記事

当ブログ推奨 初心者が読むべき三冊

成長企業の見つけ方

仕分け方を知るならこの一冊

成長ストーリー分析のバイブル



☆最推奨書籍☆

割安銘柄の計算法

価格ギャップの求め方のバイブル



株を始めるなら、この1冊の読破を

イラスト付きで分かりやすい

株式投資の入門書

免責事項

当サイトは投資情報を掲載しておりますが、 投資結果についての責任は負いかねます。 予めご了承ください。 ご投資の際にはご自身の判断で行って頂きます様、 お願い申し上げます。

各種ブログランキング参加中


FC2カウンター