スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きな臭くなってきましたが

今日のパフォーマンスは-0.4%。
日経平均の-0.3%をアンダーパフォーム、
TOPIXの-0.4%をアウトパフォームとなりました。
こういう書き方になったのは初めてかもしれませんね。
三週間ぶりの更新となります。
すっかりご無沙汰してしまいました。
ブログに書くほどの大きな動きが
個人的に無かったからというのが最大の理由です。
今週はフジコーポは4日連続の値下がりとなってしまいました。
今年は北海道ではいきなり豪雪スタート冬が始まった一方で
青森では全く降らないという様な少し変な状況になっています。
やはり雪の量は関心事ですのでニュースでも反応してしまいます。
別にフジコーポの取扱商品は
スタットレス以外でもレベルが高く、値段も安いのですが、
やはりスタットレスが主力製品である以上は
気象に関しては敏感になってしまいますね。
マルゼンがフジコーポのライバル企業となるわけですが、
フジコーポはダンロップが安く、マルゼンはヨコハマのタイヤが
安いという特徴がある模様です。
ブリジストン製が安い量販店がないのは
タイヤ館という半直営店の様なものがあるからでしょうね。
ガソリン価格が現在はすごく安いのであまり考慮されないのかもしれませんが、
低燃費タイヤというものもガソリン価格の上昇や
消費税の増税でかなり買い替えの対象となってくるのではないかと
個人的には予想しています。
やはり低燃費タイヤにするとガソリンの消費量が格段に減りますし、
またガソリンは軽減税率の対象とはなりませんから
一時は高い出費かもしれませんが、トータルコストを考えて
低燃費タイヤという需要は出てくる気がします。
銘柄を買う時に小学生にもその企業の事を
説明出来るかという事は重要であります。
恐らく小学生という対象が何故重要なのかという事ですが、
単純に「私」が理解しているだけではなく、
詳細に分析をし、噛み砕けているか
この部分が最も大事な事であるからだと思います。
大学受験の時、その選択肢である事を覚えるよりも
それ以外の選択肢が何故違うのかを説明出来る方が
重要であるという予備校講師の言葉を思い出します。
フジコーポが安心して持てるのは小学生にも分かりやすい業態と
利益の出し方であるからだと個人的には思っています。
現に値上がりをしている銘柄の多くは
非常に業態が分かりやすい。
直近のIPOでもロゼッタは自動翻訳=ロゼッタという
非常に分かりやすい等号が結べますので
こういう企業がどの様に伸びていくかという事は
注目していきたいところであります。
私の過去の失敗例をみても帝国繊維やモバイルクリエイトには
こういった=で結べる物が存在しませんでした。
繊維と消防車、タクシー無線とドローンなんかは
どう結びつくのかを小学生には説明する事は非常に難しいですね。
とにかくも退屈な状況が個人的には続いておりますので
あまりまとまりはないですが、少し長めの記事を書いてみました。
これを説明するなら、「ユリウスのブログリハビリ=この記事」で
表せるものだと思います。

スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


最新記事

当ブログ推奨 初心者が読むべき三冊

成長企業の見つけ方

仕分け方を知るならこの一冊

成長ストーリー分析のバイブル



☆最推奨書籍☆

割安銘柄の計算法

価格ギャップの求め方のバイブル



株を始めるなら、この1冊の読破を

イラスト付きで分かりやすい

株式投資の入門書

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

免責事項

当サイトは投資情報を掲載しておりますが、 投資結果についての責任は負いかねます。 予めご了承ください。 ご投資の際にはご自身の判断で行って頂きます様、 お願い申し上げます。

各種ブログランキング参加中


FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。