もっともっと強くなりたい

本日のパフォーマンスは-3.4%。
日経平均の-2.4%、TOPIXの-2.8%をアンダーパフォームでした。

相場としてはまだ日経平均はPBR1倍まで遠く割高感がありますね。
ゆうゆーさんの過去の記事でもあった様に
日経平均PBRとの相関性が高いという事が証明されています。
でもこれは考えてみれば単純に考えれば凄く当然です。
景気敏感株で大手の低成長株に対してPERで投資判断は下せないわけです。
やはりPERを使う場合はその企業の成長が見込まれることが前提だと思います。
成長株にPBRを重視して投資判断をしてもこれもまた微妙に違います。
流石にPBR5倍を超える場合にはリスクを覚悟する必要がありますが、
2倍台であればPER次第では投資案件になるはずです。
上海だって成長率7%はそこそこ高いわけですが、PBRが2倍を超えた場合は
果たしてその時価評価が適当なのかという判断から下げ始めたのだと思います。
そしてマーケットの資金は必ずどこかに移動します。
私はこういうマーケットの流れを徹底的に研究してマーケットのプロになるか、
それとも個別にビジネスを調べ、その銘柄のプロになるか。
長期的にはこの2つのタイプに集約されていくのだと思います。
勿論短期的には相場の影響を個別銘柄も受けます。
ただし優れたビジネスを展開している企業は再評価されるのもまた早いのも
傾向としてはあるのではないかと思います。
最近はブログのアクセス数も有難い事に普段よりも多いです。
投資に不安になっている人が多いのだと思います。
ただ何かがあって情報を集めるというのはちょっと遅いのではないかと
個人的には思っています。
平時にしっかりと情報を集め、自らの考え方も整理し
相場の異常に備えるという事こそ大切だと考えています。
戦略が固まっているとさらに強いですね。
私は平時に情報を集めるという前者は人並み以上には出来ていますが、
戦略を固めるという事はまだ出来ていません。
この環境を利用し、より強い投資家なる為に戦略を固める努力をしていきたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


最新記事

当ブログ推奨 初心者が読むべき三冊

成長企業の見つけ方

仕分け方を知るならこの一冊

成長ストーリー分析のバイブル



☆最推奨書籍☆

割安銘柄の計算法

価格ギャップの求め方のバイブル



株を始めるなら、この1冊の読破を

イラスト付きで分かりやすい

株式投資の入門書

免責事項

当サイトは投資情報を掲載しておりますが、 投資結果についての責任は負いかねます。 予めご了承ください。 ご投資の際にはご自身の判断で行って頂きます様、 お願い申し上げます。

各種ブログランキング参加中


FC2カウンター